P1080051

ファンの多い昆虫テントウムシですが、
捕まえると黄色い汁を出されてしまった、、、なんてことありませんか?

あの黄色い汁の正体は、結論から言うと彼らの血液です。

血液の中にはコシネリンと呼ばれる成分が含まれており、
臭くて苦い味に仕上がっています。

臭くて苦い汁を出す虫
つまり、テントウムシは鳥たちなどにとって、美味しくない虫と言えます。

テントウムシは、この性質を利用して天敵から身を守っているのです。

では、場所はどこから出していたか、観察されたことはありますか?
よくみてみると、足の関節(人でいうヒザのような位置)などから出しています。

この出血させる部位は決まっていて、薄い膜が張ったような状態になっています。

彼らは危険を感じると、血圧を上げ、この膜をやぶって出血させるのです。

ヒトに例えると、なんだか痛そうな話ですが、
出血して命が助かるのと、
出血しないで死んでしまうのだったら、
命が助かる方を選んでいるということになります。

 

私たちは「かわいいかわいい♪」と思いながら触ることが多い虫ですが、

テントウムシからしたら、大型の生物につままれるなんて、命の危険を感じます。

そしてその結果、
出血しているのです。

テントウムシを触るときは、優しく触ってあげると良いですね。