≪講演会『毒を持つ生物から考える 自然と人間の距離』実施のお知らせ≫

2019年2月9日(土)、神奈川県横浜市の「横浜市民ギャラリーあざみ野」にて、当所代表理事 西海の講演会を実施することとなりましたことをお知らせいたします。

≪以下、あざみ野カレッジHPより≫
「毒を持つ生物」というと危険で怖い印象をお持ちの方も多いかもしれません。しかし古くから毒針を持つミツバチの生態がよく観察され養蜂が営まれてきたように、彼らは避けられ続けたわけではなく、逆に彼らに触発された人間の文化も知られています。

「毒を持つ生物」といっても、持つ「毒」もさまざまなら、性格もさまざま。本講座では、横浜市内をはじめ身近な都市部に住む「毒を持つ生物」について、実物の姿かたちが分かる標本の展示とともに、リアルな生態やばったり遭遇した時のリスクマネジメントもご紹介し、人間と彼ら、ひいては自然との関係を考えていきます。
=======================================================
◆【日 時】
 2019年2月9日(土)14:00~16:00
◆【対 象】
 高校生以上
◆【講 師】
 西海太介(自然教育指導者/一般社団法人セルズ環境教育デザイン研究所 代表)
◆【対 象】
 高校生以上
◆【定 員】
 40名程度 ※申込先着順、定員に達し次第参加受付を終了します。
◆【会 場】
 横浜市民ギャラリーあざみ野 3Fアトリエ
◆【参加費】
 500円
◆【詳 細】
 http://artazamino.jp/series/azamino-college/
=======================================================